「護り」とばっかり思い込んでいたスタッフは、「はい、護りです」と答えます。
「でも護りには読めないねえ。」