「やろん」に置いてある私の書いた書を巡って、こんな会話がなされます。