混とんとしたこの世の中を、国は、人々は、どう切り抜けるのか見届けたいと思うのです。
HMU会員はなんとしても、この地球に生き残って欲しいのです。