いま私は宗教学者山折哲夫が書いた『法然と親鸞』という本を読んでいますが、そのテーマが、師弟の関係は相生(そうしょう)か相克(そうこく)かであり、私の念いはその内容にとても近いかもしれません。