それからミスしないように、やり直そうと思った時に、なかなかやり直せない。でも、それにチャレンジすることです。
もうこういうことはしないと集中してチャレンジしていたら、1回目はうまくいかないかもしれないけれど、2回目はうまくいくかもしれない、3回目がうまくいくかもしれないということで、変えることができます。