ミスがなぜいけないのかというと、会社の自立を妨げるからです。
ですから社員としては、「ミスしました、会社に損害を与えないようにします、ミスしないようにします」しかないのです。そういうことなのです。