さて一通りにするやり方は、一つしかないのです。それは天意。
うえのたった一人の人の念いに合わせることです。天意に近いのが、主なのです。
主の念いに合わせるということが大事なのです。
ここが微妙にわからないのです。間違ってもいいのです。