上司というのは、上司ということをまず理解してほしいのですが、できるだけ主に近い人です。
できるだけ主に近い人が決めたことというのは、その組織においては絶対なのです。
いまの政治の世界でも、こうしたらいい、ああしたらいいと、総理大臣(菅直人総理大臣)が全然決められない、まったく決められません。
結局、あっちの意見を聞けばこうで、こっちの意見を聞けばこうだと言いますが、確かに10人いたら10通りの考え方があります。だから一通りにしなければいけないのです。