商人の場合、自分が自立できるようになった人、のれん分けができるところまでできるようになった人が、初めて出ていくのです。
そういうふうにして社会の中で、商人というものを作ってきたわけです。昔は。
社会の役に立つ商人になったかどうか、すなわち自分の主の念いをちゃんと継承できるようになったかどうかが重要なのです。
もちろん技術は当然のことですが。