それから、のれん分けの一番大事なことは、こいつだったら今まで教え込んだ主の念いというものを、のれんを分けてもちゃんとやっていけるということを主が見定めて、それでのれん分けをするのです。
こんにちでは、のれん分けというと、技術を覚えたからやっていけるかな?みたいな形で独立させていますが、一番大事なのはそこなのです。
念いの部分です。完全に主の代わりにできるかどうかで、初めてのれん分けというのができるわけです。