「ここでおしまいにする」というのは、少しも寂しいことではありません。