いつ最期がきても良いように、いつでも全部片付いています、という状態にしておくことです。