確実に残していく荷物をまとめる時期に差し掛かったと思います。
何にも他に意味はありません。ただ、そんなことを目覚めたベッドの中で思ったということだけです。