何もわからずに、がむしゃらに走ってきた私に、突然目の前のカーテンがシャーッと音をたてて開いたような、そんな感覚でした。
あれからもう30年経ったのです。