ここで他人のせいにしているようでは、また同じ目に遭います。
気付くべきことは、自分自身のこと、自分のこころの用い方思い方のことのはずです。