あるお客が言った。「自分の足元の土地くらい自分のものにしたい。でも土地は地球がある限り、自分が生きている間、借りているもの。そう思えば、権利を振りかざして、他人に迷惑をかけてまで手に入れようと思わない。」