もちろん自分のためにするのではありますが、あとに続かせるにはどのようにこの仕事を完成したらいいか、どのように伝えたらいいか、ということも考えていかなくてはならないと思います。