仕事は自分で終わりではありません。必ず続いていかなくてはならないのです。ということは、その仕事は、あとに続く人のためにする仕事でもあるのです。